子テーマ

style.cssの情報に、Templateという項目を追加して、親テーマの名前をTemplateに指定すればよい。子テーマのディレクトリ名は”-child”と付けると分かりやすい。

テーマ有効時のアクションの追加

after_setup_themeアクションを追加すればよい。

<?php
function hoge() {
  // any code here.
}
add_action('after_setup_theme', 'hoge');
?>

カスタム投稿タイプ

カスタム投稿タイプは、functions.phpからregister_post_type関数を呼ぶことで作成する。functions.phpはテーマごとに存在するので、カスタム投稿タイプを用いる場合は、最初にテーマを固めたほうがよさげ。

カスタム投稿タイプに、カスタムフィールドを追加する場合は、supportsにcustom-fieldsを含める。

カスタムフィールド

プラグインを使うのも手だけど、独自で実装することも可能。

まずはこちらを参照。→プラグインの作成(WordPress Codex 日本語版)

とりあえず、何らかのショートコードを定義するプラグイン。

PHPファイル。

<?php
/*
Plugin Name: Hoge hoge plugin
Plugin URI: http://2nx.info
Description: Hoge hoge description
Author: nkm_pa
Version: 1.0
Author URI: http://2nx.info
*/

function shortcode_Hoge($arg) {
  return 'hoge';
}

// ショートコードの登録
add_shortcode('Hoge', 'shortcode_Hoge');

// JS/CSSを読み込む場合
wp_enqueue_script('nkm_hoge', plugins_url().'/nkm_hoge/nkm_hoge.js', array('jquery'));
wp_enqueue_style('nkm_hohe', plugins_url().'/nkm_hohe/nkm_hohe.css');
?>

wp_enqueue_style関数で呼び出される、jQueryを用いたJSのサンプル。

jQuery(document).ready(function($) {
  // anything here.
  $(window).bind('resize', function(){
    console.log('reseized');
  });
});