freee対マネーフォワード特許権侵害訴訟

簡単にまとめると

  • freeeのアルゴリズムはテーブル参照方式
  • MFのアルゴリズムは機械学習を用いたもの

であって、freee側の特許発明の構成要件とMF側の実施形態が異なるからMF側は特許権を侵害していない(技術的範囲に属しない)、ということのよう。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください