Iris(アヤメ)データについて


機械学習のテストセットとして有名なアヤメデータについて。

Pythonのscikit-learnにも付属しています。


SVMでIrisデータを分類するプログラムについては、例えば、以下のページに記載されています。プログラムを参考にしてしまおう…。

上記ページに記載されていたプログラムを実行するにあたり、anacondaで環境を作成したあと、scikit-learnとmatplotlibとをインストールしたことを備忘録として追記しておきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください