Roll-a-ball tutorialのbuild

UnityのTutorialであるRoll-a-ball tutorialを一通り見てみて、WebGLで書き出してみました。

初めてのビルドだったので、まだまだ分からないことは多いのですが、IL2CPPのビルド時間が長いのと、Unity上では球体の上にテキストが表示されるようにしたのに、ビルドされたものは球体とテキストが重なっているというのが気づきです。今後このあたりもチェックしてみます。

WebGL版 : http://blog.kuronekoya.info/other/180108/


IL2CPPについて

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください